50代以上1%14歳未満57.6%の新型インフルエンザ1000万人突破

 50代以上1%14歳未満57.6%の新型インフルエンザ1000万人突破

****今回の新型インフルエンザの感染者のうた50代以上の感染者全体の1%で14歳未満が57.6%、さらに20歳未満でみれば全体の80%。ということは、この新型インフルエンザは、過去に流行したインフルエンザに似ているものがあると考えるのが妥当だろう。特に。30年前以前に流行したインフルエンザと類似点があるはずだ。それはともかくピークは1月中旬くらいと思われる。この時期になると14歳未満の新型インフルエンザの予防接種が終了しているだろう。


「新型インフルエンザに感染した人の割合が、5〜14歳では約50%に上る計算になることが、国立感染症研究所(感染研)が算定した推計患者数などから分かった。厚生労働省は「学校で集団生活を送る年代で、感染機会が多いためではないか」としている。
 感染研は全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者数から全患者数を推計しており、22日までの累計患者数は推定1075万人。大半が新型インフルエンザとみられ、.内訳は

1.0〜4歳が95万人、
2.5〜9歳が285万人、
3.10〜14歳が309万人、
4.15〜19歳が168万人。
5.全体の約80%を20歳未満が占め、5〜14歳が特に多い。

 一方、総務省の6月現在の人口推計では、5〜9歳の人口は572万人、10〜14歳は597万人。単純計算すれば、5〜14歳では全体の約50%が感染し、病院で受診したことになる。感染率は0〜4歳で17.6%、15〜19歳も27.6%と高いが、20〜40代では2〜5%台。50代以上は1%に満たない。全年代では8.4%。 

 【東京都町田市 09年11月28日撮影】



****今回の新型インフルエンザの感染者のうた50代以上の感染者全体の1%で14歳未満が57.6%、さらに20歳未満でみれば全体の80%。ということは、この新型インフルエンザは、過去に流行したインフルエンザに似ているものがあると考えるのが妥当だろう。特に。30年前以前に流行したインフルエンザと類似点があるはずだ。それはともかくピークは1月中旬くらいと思われる。この時期になると14歳未満の新型インフルエンザの予防接種が終了しているだろう。


「新型インフルエンザに感染した人の割合が、5〜14歳では約50%に上る計算になることが、国立感染症研究所(感染研)が算定した推計患者数などから分かった。厚生労働省は「学校で集団生活を送る年代で、感染機会が多いためではないか」としている。
 感染研は全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者数から全患者数を推計しており、22日までの累計患者数は推定1075万人。大半が新型インフルエンザとみられ、.内訳は

1.0〜4歳が95万人、
2.5〜9歳が285万人、
3.10〜14歳が309万人、
4.15〜19歳が168万人。
5.全体の約80%を20歳未満が占め、5〜14歳が特に多い。

 一方、総務省の6月現在の人口推計では、5〜9歳の人口は572万人、10〜14歳は597万人。単純計算すれば、5〜14歳では全体の約50%が感染し、病院で受診したことになる。感染率は0〜4歳で17.6%、15〜19歳も27.6%と高いが、20〜40代では2〜5%台。50代以上は1%に満たない。全年代では8.4%。 

 【東京都町田市 09年11月28日撮影】



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM