マレーシア航空機、マレー半島を横断しインド洋へ墜落の可能性が濃厚

 

マレーシア航空機、マレー半島を横断しインド洋へ墜落の可能性が濃厚

仮定の話だが、人工衛星が7時間後、失踪機から信号を受信した地域がタイ北部から下の図にあるような、タイ北部から中国領を含む北部の範囲だとするな低空で飛んだとしても、シンガポール、タイ、インド、中国の軍事レーダー網にかかるはずである。また、人口が多いのタイ北部に入るまで、目撃情報が一切というのも有り得ない。

従って、通信を経って7時間飛行続けていたとするなら、マレーシア航空の失踪機は、ハイジャックされ、マレー半島上空を通過し、インド洋南部方面で墜落した可能性が大きい。自衛隊のP3Cは、目のなれたところで、この方面に創作するのがベストだと思われる。仮に墜落したとしても生存者がいる可能性が高い。

.淵献崋鸛蠅砲茲譴弌同機は主要な通信手段が人為的に切断された。

現地時間8日午前0時41分に離陸後、同1時半ごろに通常のレーダーから消えたが、その後も人工衛星との通信が途絶えるまで7時間近く飛行を続けたと考えられる。

この間、同機は南シナ海からマレー半島を横断し、インド洋方面に飛行したもようだ。
 人工衛星が最後に同機からの信号を受信した時間は午前8時11分。地点は明らかでないが、タイ北部から北方方面と、インドネシアからインド洋にかけての二つの可能性が想定されている。

ぁ.淵献崋鸛蠅脇逎轡奮な面での捜索を打ち切り、今後は衛星からの情報を基にマレー半島西側のこれら2方面に捜索の重点を移す方針を表明した。(2014/03/15-22:44)・・・  時事通信から参照のため引用



DSCN7962.JPGc


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM