川崎市立中3男子自殺・また野球部か・いじめとの関連はないか大阪でも野球部高校生が自殺

JUGEMテーマ:学校のこと
 

川崎市立中3男子自殺・また野球部・いじめとの関連はないか大阪でも野球部高校生が自殺

 

学校と言う狭い世界では、逃げ場がなくなるのか。川崎市多摩区に住む川崎市立中学3年生が自宅トイレで自殺した。硫化水素のようなガスを発生させての自殺でトイレの台座付近から。「先立つこと」への家族あてのおわびに加えて、友人1人の名を挙げ、「おれと(この)友人をいじめたやつが悪い」などとする文言があった。さらに数人の名を挙げ、「決して許すつもりはない」などと記されていたという。

 

気になるのは、先日(6月6日)も大阪の高校生が7階の集合住宅から飛び降り自殺したが、。2人の共通点として、一日も休むことがなく明るく元気な子だったと言う点だ。

 

自殺原因は、複数の集団での苛めである事は間違いないと思われるが・・・・その可能性の選択肢として野球部での苛めとの関連性はないのかとても気になる。高校生、中学生、2人の自殺事件とは無関係だが、野球部での苛めの話は、依然聞いたことがある。しごきとかなんとか理由をつけて、あざができるほど暴行するなど、大人の目の届かないところで陰湿、悪質、犯罪的ないじめが行なわれているとしたなら・・注意が必要だろう。

  

いずれにしても、そんなにされても学校へ行かなくてはならないのか。いじめ110番は、今回も機能しなかったのが悲しい。


川崎市立中学3年野球部員自殺事件・いじめには110番通報など毅然と立ち向かえ

JUGEMテーマ:学校のこと

 川崎市立中学3年野球部員自殺事件・いじめには110番通報など毅然と立ち向かえ

川崎市多摩区の川崎市立3年生男子が自宅トイレで理由かガスによる自殺。自殺原因は、本人の遺書によると、本人及び本人の友人に対する集団でのいじめで・・5人の実名をあげ、絶対許さない旨の気持を吐露していた。だからといって自殺するとは、あまりにも稚拙で短絡的だ、6月6日も、この中学生と同じ野球部の高校生(大阪)が7階集合住宅最上階から飛び降り自殺している。このところ中・高生の自殺が自殺が相次いでいる。いじめは、犯罪的要素が強いので以下を参照に毅然とした対応をして下さい。


 私は、町田市に住んでいます。町田市立忠生第三小学校というところで、2005年前後から多数の子ども達が「死ね、消えろ、ウザイろなどの暴言、何度も繰り返し蹴ったり殴ったり、首を絞めたり」の暴行行為が行なわれ、私の子を含め、多数の子が転校していきました。(2010年3月18日東京地裁立川支部で、和解成立、東京都を除く町田市(教育長・教諭を含む)、加害行為を行なった親権者ら4者は、いじめの事実を認め、謝罪し賠償金を支払う事、いじめの再発防止義務を負うことで訴訟は終結しました。)

これらの暴言・暴力行為以外に、ここでは触れることをためらうような悪質な行為が繰り返し起きました。当時の校長先生は百瀬績という方で、町田市の教育全体の責任を負う実質的な責任者は、教育委員会事務局局トップの****教育長でした。

言うまでなく、「死ね・消えろ・ウザイ」など繰り返して他者に言う事は、子どもであろうが、大人であろうが刑法で言う名誉毀損罪に該当します。さらに殴る・蹴る・首を絞めなどの行為を繰り返し行ない、精神的な傷害を含め相手に怪我をさせれば暴行傷害罪が成立し14歳以上だと逮捕され、家庭裁判所での審判を受けることになります。さらに精神的・肉体的な損害を与えたという事で不法行為による損害賠償責任を請求することが出来ます。

 
【湘南海岸、神奈川県鎌倉市腰越海岸から撮影11月3日】


それでは、これらの違法・不法行為を行なった14歳以下の子どもは、無罪放免かというとそうではありません。子の親権者には、子どもをきちんとみる責任があるので、子どもが行なった責任は、親が取らなくてはなりません。14歳以下のこどもの刑事責任は問えませんが、その分親の責任が極めて重くなります。

私は、親の責任や学校、町田市などの責任を問う裁判を2006年から2009年11月現在も続けています。最初は、私自身が、訴状や準備書面を作成し、2年間ほど本人訴訟で裁判を追行していたのですが、証拠の提出を求める証拠保全の申立てめぐり、東京高裁への抗告(裁判所の判断への異議申立て)、最高裁(第三小法廷)への特別抗告などで1年近く裁判がのびました。

 
【神奈川県鎌倉市腰越海岸から撮影11月3日】


暴行・暴言の調査報告書の元になるデータを提出してほしい・・東京高裁へ抗告する時疎明(その場でわかる)資料として過去、町田市のつくし野中学の中学女子いじめ自殺事件で、証拠隠滅や虚偽報告を行なった新聞記事などを添付しましたが、そこまでやっても証拠保全の申立ては認められませんでした。この東京高裁の第2民事部、寺田逸郎裁判長の判断には、疑問をいまでも持っています。過去に、証拠隠滅や虚偽報告の前科がなければ、元データまで出せとは言いませんが・・調査報告書の出し方が、2回に分割されて出された点、暴言と暴行の調査を2回に分けて行なう・・様々な証言をもとに、暴行と暴言の調査をやって欲しいとのお願いに、なぜか暴行の調査結果しか出されない・・・そこで「死ね」「消えろ」などの暴言の調査はどうなっているのかので・・ようやく、2回目の調査結果が出てきました。

このような調査は、一度でやるべきです。教育上、何度も聞くことは、教育上好ましくないと考えています。調査の元になったデータと学校調査報告書が=ではないと疑念を抱かざるを得ない調査報告書の出し方です。当時、立ち会ったのが町田市教育委員会の(統括)指導主事の****氏、4年担任教諭*教諭、副校長の*さんです。

それはともかく、裁判は、今年3月前後から2人の代理人弁護士の方に委任しましたが、私は、毎回裁判所へ行っています。

そして最後になりましたが、現在、いじめられいる人。「死ね」とか無視とか、落書きをされたり、物を隠されたり、仲間はずれにされたりする人。このブログを読んで自信が持てるようになると願っています。

もしあなたが、中学生以下だったら、そのような行為は、犯罪ですから、そんな卑劣な行為を許してはいけません。全国に設置されているいじめ110番(教育委員会管轄)に連絡して下さい。そして犯罪行為の記録を正確に取ることです。出来ればお父さんやお母さんなど家の人に勇気をもって話すことです。いじめ=犯罪行為は一人では解決は難しいです。黙っていて、抵抗しても平然としつこくやってきます。

もし、あなたが中学生以上だったら・・・解決は、さらに難しいと思います。教師の指導力徐々に及ばなくなるのです。先生に話して逆にいじめが酷くなった例もたくさんあります。ご両親や先生に話すにしても正確な記録を残す。「俺らやっていない」と否認されたら証明しようがありません。特に、暴行、「死ね」「消えろ」などの誹謗中傷は、生命の尊厳を著しく傷つける行為ですから・・我慢する事はありません。何度も殴られるのなら、事前に家族と話し合い、殴られた直後に110番通報する。或いは、検察庁(
法律に詳しい人が対応してくれます)の被害者ホットラインに相談する。弁護士会は、なかなか繋がらない上に時間帯が限られる。教育委員会が窓口になっているいじめ110番相談では、解決に時間が掛かるし、いじめ110番→学校→で、教師や学校の指導力が弱い場合は、いじめがさらに酷くなる可能性があり、実際に06年愛媛の中一男子生徒自殺、同年福岡の中一男子生徒自殺、同年富田林の女子中学生自殺など多数の子が、自殺してしまった例があります。

不当に加害行為を行なう者やその周りの同調者に結果責任を
知らせる意味では、警察への110番通報は、反復継続する暴言や暴行、持ち物への落書き、持ち物を隠す、強要は、立派な犯罪になるので警察は確実に動きます。14歳以上だと逮捕、14歳以下だと補導されます。

当然、ご両親と相談の上で、即、学校を休み、転校するこも大切です。本来なら、こんな事をしたい人は誰いないです。

学校は、様々な勉強をして自らの可能性を伸ばすところです。理不尽な犯罪を我慢して恐怖を抱いていくところではありません。

仮、今、いじめにあっている人が、優れた教師の元で、安全が保障された教室で、活き活きした授業で学ぶことが出来るなら、どんなに毎日が楽しい事でしょうか。

実は、いじめの問題の8割以上は、学校の質、教師の質=子どにやる気を起こさせ、様々な可能性を拓き、自信を持たせる指導力・授業力で、いじめは解決できると考えています。

だからこそ、陰湿な犯罪であるいじめが続くような学校は、早く見切りをつける。また、いじめは、犯罪゛であることが多いので、暴言・暴行・器物損壊・名誉毀損・強要などが複数回行なわれる場合、絶対我慢しないで下さい。事前にご両親の方と相談し、相手の痛みを屁にも思っていない人たちに、犯罪行為であると強く認識させる意味で警察への110番通報、被害届の提出など、次の被害者を抑止になります。そうすることにより、学校は、いい加減な対応が許されなくなります。



川崎市立中学3年野球部員自殺事件・いじめには110番通報など毅然と立ち向かえ

JUGEMテーマ:学校のこと
JUGEMテーマ:ニュース

 川崎市立中学3年野球部員自殺事件・いじめには110番通報など毅然と立ち向かえ

川崎市多摩区の川崎市立3年生男子が自宅トイレで硫化ガスによる自殺。自殺原因は、本人の遺書によると、本人及び本人の友人に対する集団でのいじめで・・4人の実名をあげ、絶対許さない旨の気持を吐露していた。だからといって自殺するとは、あまりにも稚拙で短絡的だ、6月6日も、この中学生と同じ野球部の高校生(大阪)が7階集合住宅最上階から飛び降り自殺している。このところ中・高生の自殺が自殺が相次いでいる。いじめは、犯罪的要素が強いので以下を参照に毅然とした対応をして下さい。


 私は、町田市に住んでいます。町田市立忠生第三小学校というところで、2005年前後から多数の子ども達が「死ね、消えろ、ウザイろなどの暴言、何度も繰り返し蹴ったり殴ったり、首を絞めたり」の暴力・暴行行為が行なわれ、私の子を含め、多数の子が転校していきました。(2010年3月18日東京地裁立川支部で、和解成立、東京都を除く町田市(教育長・教諭を含む)、加害行為を行なった親権者ら4者は、いじめの事実を認め、謝罪し賠償金を支払う事、いじめの再発防止義務を負うことで訴訟は終結しました。)

これらの暴言・暴力行為以外に、ここでは触れることをためらうような悪質な行為が繰り返し起きました。当時の校長先生は****という方で、町田市の教育全体の責任を負う実質的な責任者は、教育委員会事務局局トップの****教育長でした。

言うまでなく、「死ね・消えろ・ウザイ」など繰り返して他者に言う事は、子どもであろうが、大人であろうが刑法で言う名誉毀損罪に該当します。さらに殴る・蹴る・首を絞めなどの行為を繰り返し行ない、精神的な傷害を含め相手に怪我をさせれば暴行傷害罪が成立し14歳以上だと逮捕され、家庭裁判所での審判を受けることになります。さらに精神的・肉体的な損害を与えたという事で不法行為による損害賠償責任を請求することが出来ます。

 
【湘南海岸、神奈川県鎌倉市腰越海岸から撮影11月3日】


それでは、これらの違法・不法行為を行なった14歳以下の子どもは、無罪放免かというとそうではありません。子の親権者には、子どもをきちんとみる責任があるので、子どもが行なった責任は、親が取らなくてはなりません。14歳以下のこどもの刑事責任は問えませんが、その分親の責任が極めて重くなります。

私は、親の責任や学校、町田市などの責任を問う裁判を2006年から2009年11月現在も続けています。最初は、私自身が、訴状や準備書面を作成し、2年間ほど本人訴訟で裁判を追行していたのですが、証拠の提出を求める証拠保全の申立てめぐり、東京高裁への抗告(裁判所の判断への異議申立て)、最高裁(第三小法廷)への特別抗告などで1年近く裁判がのびました。(特別抗告棄却の後は、代理人弁護士に委任)
 
【神奈川県鎌倉市腰越海岸から撮影11月3日】


暴行・暴言の調査報告書の元になるデータを提出してほしい・・東京高裁へ抗告する時疎明(その場でわかる)資料として過去、町田市のつくし野中学の中学女子いじめ自殺事件で、証拠隠滅や虚偽報告を行なった新聞記事などを添付しましたが、そこまでやっても証拠保全の申立ては認められませんでした。この東京高裁の第2民事部、寺田逸郎裁判長の判断には、疑問をいまでも持っています。過去に、証拠隠滅や虚偽報告の前科がなければ、元データまで出せとは言いませんが・・調査報告書の出し方が、2回に分割されて出された点、暴言と暴行の調査を2回に分けて行なう・・様々な証言をもとに、暴行と暴言の調査をやって欲しいとのお願いに、なぜか暴行の調査結果しか出されない・・・そこで「死ね」「消えろ」などの暴言の調査はどうなっているのかので・・ようやく、2回目の調査結果が出てきました。

このような調査は、一度でやるべきです。教育上、何度も聞くことは、教育上好ましくないと考えています。調査の元になったデータと学校調査報告書が=ではないと疑念を抱かざるを得ない調査報告書の出し方です。当時、立ち会ったのが町田市教育委員会の(統括)指導主事の****氏、4年担任教諭*教諭、副校長の*さんです。

それはともかく、裁判は、今年3月前後から2人の代理人弁護士の方に委任しましたが、私は、毎回裁判所へ行っています。

そして最後になりましたが、現在、いじめられいる人。「死ね」とか無視とか、落書きをされたり、物を隠されたり、仲間はずれにされたりする人。このブログを読んで自信が持てるようになると願っています。

もしあなたが、中学生以下だったら、そのような行為は、犯罪ですから、そんな卑劣な行為を許してはいけません。全国に設置されているいじめ110番(教育委員会管轄)に連絡して下さい。そして犯罪行為の記録を正確に取ることです。出来ればお父さんやお母さんなど家の人に勇気をもって話すことです。いじめ=犯罪行為は一人では解決は難しいです。黙っていて、抵抗しても平然としつこくやってきます。

もし、あなたが中学生以上だったら・・・解決は、さらに難しいと思います。教師の指導力徐々に及ばなくなるのです。先生に話して逆にいじめが酷くなった例もたくさんあります。ご両親や先生に話すにしても正確な記録を残す。「俺らやっていない」と否認されたら証明しようがありません。特に、暴行、「死ね」「消えろ」などの誹謗中傷は、生命の尊厳を著しく傷つける行為ですから・・我慢する事はありません。何度も殴られるのなら、事前に家族と話し合い、殴られた直後に110番通報する。或いは、検察庁(
法律に詳しい人が対応してくれます)の被害者ホットラインに相談する。弁護士会は、なかなか繋がらない上に時間帯が限られる。教育委員会が窓口になっているいじめ110番相談では、解決に時間が掛かるし、いじめ110番→学校→で、教師や学校の指導力が弱い場合は、いじめがさらに酷くなる可能性があり、実際に06年愛媛の中一男子生徒自殺、同年福岡の中一男子生徒自殺、同年富田林の女子中学生自殺など多数の子が、自殺してしまった例があります。

不当に加害行為を行なう者やその周りの同調者に結果責任を
知らせる意味では、警察への110番通報は、反復継続する暴言や暴行、持ち物への落書き、持ち物を隠す、強要は、立派な犯罪になるので警察は確実に動きます。14歳以上だと逮捕、14歳以下だと補導されます。

当然、ご両親と相談の上で、即、学校を休み、転校するこも大切です。本来なら、こんな事をしたい人は誰いないです。

学校は、様々な勉強をして自らの可能性を伸ばすところです。理不尽な犯罪を我慢して恐怖を抱いていくところではありません。

仮、今、いじめにあっている人が、優れた教師の元で、安全が保障された教室で、活き活きした授業で学ぶことが出来るなら、どんなに毎日が楽しい事でしょうか。

実は、いじめの問題の8割以上は、学校の質、教師の質=子どにやる気を起こさせ、様々な可能性を拓き、自信を持たせる指導力・授業力で、いじめは解決できると考えています。

だからこそ、陰湿な犯罪であるいじめが続くような学校は、早く見切りをつける。また、いじめは、犯罪゛であることが多いので、暴言・暴行・器物損壊・名誉毀損・強要などが複数回行なわれる場合、絶対我慢しないで下さい。事前にご両親の方と相談し、相手の痛みを屁にも思っていない人たちに、犯罪行為であると強く認識させる意味で警察への110番通報、被害届の提出など、次の被害者を抑止になります。そうすることにより、学校は、いい加減な対応が許されなくなります。



自殺か校舎転落の重体の中一女子死亡・遺書も発見・東京・狛江第一中学校

JUGEMテーマ:学校のこと
 

自殺か校舎転落の重体の中一女子死亡・遺書も発見・東京・狛江第一中学校

 

東京の中学女子生徒の自殺が続く。どうして思いとどまる事が出来なかったのか。選択肢は無数にあるのに。中一女子生徒の机の中からは、遺書らしき文章の書かれたノートも見つかっている。同じく東京・清瀬市の中学女子生徒の自殺は、いじめが原因だったと、ご両親らは訴えられていたが。あの自殺事件は、曖昧なままで終わっている。いじめをほのめかす、メモ書きが発見されたのは、自宅マンション屋上から自殺後1週間近くたってからだ。さらに先日は、東京文京区の公園トイレで同じく女子中学生が首吊り自殺。自宅の机の中からは、自分の内気な性格に悩んでいる」との遺書らしきメモが見つかっている。

 

それにしても、東京の女子中学生の自殺が続き過ぎるのが気になる。

 

 

産経新聞などによると

 

「東京都狛江市の市立狛江第一中学校で14日、中庭に倒れているのが見つかり、重体となっていた1年生の女子生徒(12)が15日未明、搬送先の病院で死亡した。死因は頭を強く打ったことによる脳挫傷。」

 

 「女子生徒の机からは遺書らしき文章が書かれたノートが見つかっており、警視庁調布署は自殺を図った可能性もあるとみて調べている。」

 

 「女子生徒は14日午後、校舎3階をつなぐ渡り廊下から約10メートル下のコンクリートの地面に転落したとみられ、渡り廊下の高さ1メートルのさくの手すりに乗り越えたような跡があった。」

 

****【東京・狛江第一中学校・渡り廊下から飛び降り自殺】****


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM