東大生:親の年収「450万円未満」急増し2倍へ拡大

JUGEMテーマ:ニュース
 

東大生:親の年収「450万円未満」急増し2倍へ拡大

毎日新聞によると、比較的裕福な家庭が多いといわれる東京大生にも不況が影を落としている。同大学の08年の「学生生活実態調査」によると、親の世帯収入が年収450万円未満の学生が前年の9.3%から17.6%に約、2倍に急増した。さらに学生自身の収入も大幅に減っている。

 

***東京大学をはじめ、大阪大学、京都大学などにも不況の波が押し寄せている。国立大学の初年度納付金は約87万円前後で全国一律。私立大学は、国公立大学の2倍〜4倍かかるから、今後学費の面で進学を断念せざるを得ないケースが増えるかも知れない。

 

今回の「調査はリーマン・ショック後の08年末に学部生の4分の1を対象に実施し、1585人から回答を得た」

 

これまで年収450万円未満の親の年収は、10%未満だったのが、ここへ来て急増。

 

東京大学07年度〜08年年度の親の年収の変化

1.年収450万円未満

9.3%から17.6%に急増

2.年収1050万円以上

45.3%から36.5%に急減

 

これらの結果から見えてくるものは、経済のグローバル化に対応できないと、日本のトップ大学でさえ、ほんの数年前までは、有名私立乃至有名予備校にジャブジャブ金をかけて受験できる親のお金持ちの層が急速にしぽんできていることがわかってきた。

 

自宅外通学の学生の親の仕送り、アルバイト、奨学金などの収入も男子は月平均1486円減の15万4234円、女子は同1万7093円減の14万8097円。特に女子の減少が大きかった。収入が多かった時期と比べると、男女とも2万〜3万円以上減り、20年前の水準に戻った。

 

****学費の安い国公立大学でも、この状態だから、学費が最低2倍から4倍以上かかる私立大学、さらには、私立高校の学費に苦しんでいる親の多いことが浮き彫りになってきた。

 

***** 最悪なのは、親は高い学費を支払わされても7人の内1人が中退するしなると・・・そのほとんどが非正規社員で働き、就職も高卒よりも厳しくなる。その上、仕事に疲れ果てて、引きこもるケースも急増している。大学の中退者のニート&引きこもりも3割以上。

 

*****ちょっと周りを見回しただけでも、大学卒業→企業→こき使われて精神的に病む→退社→アルバイトのコースへ転落。

 

大卒ニートの中にはは、就職予備校にまで通っているケースもを多数聞いた。ほんの身近な人からの話で驚いている。一生懸命勉強して、いい高校に入り、いい大学に入り、いい会社ら入る。

 

学習塾、予備校などで頑張って勉強しても、就活やって、はじめて今までの努力はなんだったのかと思い知らされる。

 

高校生から、アルバイトしながら、こつこつお金を貯めて、自ら商売を始めることも考えるべきだ。学歴信仰は、すでに崩壊している。一部上場企業の有効求人倍率は、0.38前後以下、名もない中小企業なら、求人倍率は、6倍〜8倍前後に上る。

 

大学の就職浪人10万人、新卒も10万人で、合計20万人が、家でパラサイトに追い込まれている。

 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM