痴漢は、この人ですと名指しされ逮捕・勾留される恐怖

JUGEMテーマ:ニュース
 

痴漢は、この人ですと名指しされ逮捕・勾留される恐怖

 

 

痴漢(ちかん)とは、相手の意に反してわいせつ行為を行う者もしくは行為そのものをいう。満員電車や人気のない暗い夜道など、加害者自身が認識されにくく、被害者が対応をとりにくい環境で行われることが多い。(ウィキペディアより参照の為引用)

 

具体的な手口としては、衣服越しに胸や尻、性器等に触れる、スカートやズボンの中に手を入れて下着・**等に触れる、下着等を盗撮する、相手に自分の**を触れさせるなどの行為がある。公衆の前でわいせつな行為をしたり、または露出する行為も痴漢に含まれる。極端な場合では、男性の**を女性の衣服や体にかけるといった例もある。痴漢検挙数の増加は、犯罪統計上の強制わいせつが増えている一因でもある。日本では痴漢冤罪という新たな問題が表面化し始めた2000年頃から、痴漢対策として都市部を中心に女性専用車両が導入された鉄道路線がある。

 

 

*****うーん。男は女。女は男に興味が無くなれば終わりだ。冬ソナも、無数の映画・テレビドラマも、面白くもなんともない。自分が、ドラマのなかのヒロイン(たいていは美男・美女に)なったつもりで見ているから視聴率も上がる。そんな異性に対する興味が、歪んだ形で、出てしまったのが、ちかんといわれるのか。昔、スカートめくりになんて遊びがあったが、女の子も結構、騒ぐ割には、楽しんでいたようにも感じられた。

 

ほんとうに、いやなら、女の子はズボンをはいてくるだろう。スカートをはいたり、スカートの丈を短くする、ネールにこったり、化粧をするのは、つまるところ、異性を意識し、気を引きたいという自然な感情で、ある面、健康的ともいえる。

 

****美しく見せたいという女の気持・本能と惹かれる男の本能がミスマッチというより、暴走して卑劣な痴漢行為が多発するのか・・本能というか欲望を抑えられなかったのか・・・人間の悲しすぎる性かもしれない。いろいろ、あの人とデートしたいなどと思うのは自由だが・・つまり見る、想像するのは内心の自由だが・・・相手の意思に反して、痴漢行為をやったらダメに決まっている。

 

****などといろいろ、考えながら、電車の中で、ぼーっとしていて、なんかの拍子に、美しい女の人が近付いてきて、身体に触れてきた・・・「この人がちかんです!!!」なんて叫ばれ、グルの男と一緒になり、捕まえられ、グルの男が110番通報し、電車からおりた瞬間、現行犯逮捕で、有無を言わさず身柄を拘束される、果ては、否認しても実名報道されたら、仮に後で、無罪であっても、被害の回復は難しい。****

 

 

そんな時、どうすればいいか。やっていなかったら、徹底否認若しくは黙秘する事だ。その際、1ヶ月の勾留は覚悟すべきです。既に容疑者になっているわけで、勾留をとかれたいばかりに、警察や検察の誘導尋問にひかからないことです。逆に、やったのに、嘘を言い続けて証拠が出てきた場合、悪性が高いということで実刑になる可能性が極めて高い。正直が一番。

 

ちなみに、脅すわけではないですが、刑事裁判の場合、弁護士がつかないと裁判が出来ません。一定の収入以下でないと、弁護士費用は自腹です。控訴、上告すれば、大変な金額がかかる。証拠収集まで弁護士に依頼すると、数百万円くらいかかるケースも出てくる。(最後まで争った場合)・・踏んだり蹴ったりです。被害を受けた場合の民事は、ロス疑惑の三浦さんみたいに、勉強して本人訴訟でやったほうがよいですね。

 

結婚詐欺ではないが、当て屋、示談金目的の悪質な女に出会ったら、そういうことも含めで、徹頭徹尾全面否認してください。さらに、被害者の誤認だとひげきというしかありません。最低1ヶ月は身柄を拘束される覚悟が必要です。覚えておいて下さい。当番弁護士は1回だけ無料です。裁判も金次第で怖っですよね。

 

 

 

 

以下「痴漢えん罪被害者ネットワーク」より参照の為引用。

 

 

「『被害者』という女性の供述だけを根拠に誰もが逮捕拘留されてしまう恐ろしい現実を体験し、いまだに忘れ去ることができない。こみ上げる怒りを抑えられない」

 99年9月、痴漢冤罪で逮捕された会社員、沖田光男さん(60)は、こう述懐する。

 沖田さんはJR中央線の車内で携帯電話を使用していた女性に注意したところ、下車後、その女性が痴漢被害を訴えたとして、逮捕された。嫌疑不十分で不起訴となるまで21日間の拘留を余儀なくされた。

 沖田さんは今、痴漢冤罪の撲滅と被害者の名誉回復を訴える「痴漢えん罪被害者ネットワーク」の会員として、活動を続けている。ネットワークは今年7月15日、結成集会が開かれたばかりの市民団体。

 「全国に痴漢冤罪事件が結構あるということは知れ渡ってきた。でも、それぞれが個別で、こんなときは、どんな風にすればいいのか、という横のつながりはなかった」という状況に気付いたのが、痴漢冤罪の被害者を弁護する弁護士たち。

 今年2月には、全国の弁護士有志約20人が「全国痴漢冤罪弁護団」を結成した。ネットワークは、こうした弁護士団と関係を保ちながら、冤罪被害者となった13人が中心となって、結成を呼びかけた。メンバーは被害を受けた本人や、風評被害など間接的に痛手を負った家族ら約100人。

 活動内容は、検察・警察の不正な取り調べの実態を告発し、証拠に基づいた公正な裁判を要請することや冤罪被害者に対する街頭応援で、痴漢冤罪を広く知ってもらうことが中心。11月26日にも大会を開く。

 「被害者を励ますことも重要」な活動で、相談には「私を支えていてくれた妻も裁判が長引いてついに離婚。精神的に参ってしまった。どうすればいいのか」といった切実な声もあるという。

◇半年間も拘置される

 会員の1人で、40代の清川聡さん=仮名=は東京都杉並区の路上でOL(当時23)の背後からワンピースの裾をまくり、右手を下着の中に入れ陰部を触ったなどという強制わいせつで、平成11年7月に逮捕された。その後、実に半年間、拘置され、1審での執行猶予付き有罪判決から、控訴審で逆転無罪を勝ち取るまで1年を要した。

 その後、清川さんは女性と東京都、国の3者に約1500万円の損害賠償を求めて提訴。今月6日に出された判決では、いずれも棄却された。痴漢冤罪裁判の国賠訴訟の厳しさを知らしめたが、前出の沖田さんも不当逮捕・拘留などを理由に国賠訴訟で係争中だ。

 逮捕は被害者女性の供述がきっかけとなったが、彼女は民事の法廷で「何度も違うかもしれないと言ったのに、『警察が責任を持つ』『後戻りはできない』と告訴状を提出することを余儀なくされた」という趣旨の発言をして、改めて警察や検察の痴漢捜査のあり方に波紋を広げた。

 ネットワークには、1年近く服役し、再審を準備している人もいる。

 最高裁の資料では、90年からの10年間は痴漢裁判の無罪判決はなかった。だが、痴漢冤罪が叫ばれるようになった2000年には、8件の無罪判決。翌01年も3件の無罪判決が出ている。

 ネットワークでは「マスコミが注目すれば、まじめな裁判をするが、誰も見ていなければ証拠がなくても有罪にしてしまう」と断じ、「この国の司法を、どうしても変えなければならない」と訴えている。

 


1月1日から着うた・映画の動画ファイル入手禁止へ改正著作権法施行

 

1月1日から着うた・映画の動画ファイル入手禁止へ改正著作権法施行

 

以下、研究・参照の為、共同通信社から引用

 

「著作権者の許諾を得ずにインターネットで配信された携帯電話の「着うた」など音楽ファイルや映画など動画ファイルの入手を禁じる改正著作権法が、2010年1月1日に施行される。違反者への罰則はないが、損害賠償など民事上の責任を問われる可能性がある。」

 「文化庁は著作権者側に対し、いきなり賠償請求をするのではなく、まずは警告にとどめるなど慎重な対応を要請。自宅に突然、支払い請求が届いた場合は振り込め 詐欺の可能性もあるとして「内容をよく確認してほしい」と呼び掛けている。」

 「従来は著作権を侵害していると知りながらダウンロードしても、個人的に利用する場合は規制の対象外だった。」

 

 

*****罰則規定がないと、ザル法になる可能性が高い。配信し利益を得る個人、又は業者への罰則を強化するに限る。民事訴訟と簡単にいうけれど、個人が専ら鑑賞のために利用していたとするなら、損害額の想定が難しいだけではなく、仮に1万人いたら一万人に訴状を書くのでしょうか。ちょっと法律知識のある者なら、管轄裁判所の移送の申立てをする・・訴状を特別送達して、裁判所の管轄だけで揉める。配信したものと入手したものの、相殺割合も争うになる。

 

これは、どう考えても、著作権者は、訴訟を提起する事により、膨大な損害を被るとことになる。長続きするとは思えないし、仮に全国各地に、訴訟が散らばったら・・・裁判費は、青天井になる。

 

みなさん、違法な着うた・映画のダウンロードは止めましょうとの警告と配信者へ厳罰が一番効果があるが・・・憲法違反の可能性もないとはいえない・・・微妙な問題ですが、とりあえず、違法なダウンロードは止めましょう。

 

 

 

しかし入手行為が拡大を続け、配信側を規制するだけ では正規のビジネスを保護できないため、入手行為も規制することになった。

 また海賊版DVDなど違法コピー対策として、ネットオークションへの出品や広告も禁止する。

共同通信 2009/12/30 18:16
 

以下、研究・参照の為、共同通信社から引用

 

「著作権者の許諾を得ずにインターネットで配信された携帯電話の「着うた」など音楽ファイルや映画など動画ファイルの入手を禁じる改正著作権法が、2010年1月1日に施行される。違反者への罰則はないが、損害賠償など民事上の責任を問われる可能性がある。」

 「文化庁は著作権者側に対し、いきなり賠償請求をするのではなく、まずは警告にとどめるなど慎重な対応を要請。自宅に突然、支払い請求が届いた場合は振り込め 詐欺の可能性もあるとして「内容をよく確認してほしい」と呼び掛けている。」

 「従来は著作権を侵害していると知りながらダウンロードしても、個人的に利用する場合は規制の対象外だった。」

 

 

*****罰則規定がないと、ザル法になる可能性が高い。配信し利益を得る個人、又は業者への罰則を強化するに限る。民事訴訟と簡単にいうけれど、個人が専ら鑑賞のために利用していたとするなら、損害額の想定が難しいだけではなく、仮に1万人いたら一万人に訴状を書くのでしょうか。ちょっと法律知識のある者なら、管轄裁判所の移送の申立てをする・・訴状を特別送達して、裁判所の管轄だけで揉める。配信したものと入手したものの、相殺割合も争うになる。

 

これは、どう考えても、著作権者は、訴訟を提起する事により、膨大な損害を被るとことになる。長続きするとは思えないし、仮に全国各地に、訴訟が散らばったら・・・裁判費は、青天井になる。

 

みなさん、違法な着うた・映画のダウンロードは止めましょうとの警告と配信者へ厳罰が一番効果があるが・・・憲法違反の可能性もないとはいえない・・・微妙な問題ですが、とりあえず、違法なダウンロードは止めましょう。

 

 

 

しかし入手行為が拡大を続け、配信側を規制するだけ では正規のビジネスを保護できないため、入手行為も規制することになった。

 また海賊版DVDなど違法コピー対策として、ネットオークションへの出品や広告も禁止する。



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM