ケ・サラ・サンレモの歌がなぜ反戦・革命の歌になるのかQue Sera" live by Jose Feliciano

 

ケ・サラ・サンレモの歌がなぜ反戦・革命の歌になるのかQue Sera" live by Jose  Feliciano

 

イタリアのサンレモは、隣国フランスのニース、モナコに隣接する人口4万6000人前後の小さな町だ。平らな土地は少なく街のちょっとした高台や丘からは海がよく見える。

 

サンレモは、第二次世界大戦終了後、イタリアの戦後復興を目指し隣接するモナコやフランスのニースなどから観光客を誘致し、外貨を稼ぐ目的でカジノを作ったり、1951年から音楽祭を開催するようになった。これがサンレモ音楽祭のはじまりでイタリア全土にラジオ・テレビ放送が行われてきた歴史がある。

 

(ホセ・フェルシアーノのケ・サラ・・スペイン語"Que Sera" live by Jose Feliciano. ・・南米チリでの演奏in Vina del Mar - Chile. http://www.youtube.com/results?search_query=jose+feliciano-que+sera+sera-spanish+version-live&oq=jose+feliciano-que+sera+sera-spanish+version-live&gs_l=youtube.12...0.0.0.1632.0.0.0.0.0.0.0.0..0.0...0.0...1ac..11.youtube.


 

ところで、1971年のサンレモ音楽祭2位になった曲に「ケ・サラ」という曲がある。編曲しやすい歌なので、オルガンやピアノで昔はよく弾いたものだ。これがなぜか、反戦・革命の歌に変貌してしまった。原曲は、イタリア南部の貧しい村の様子と、その変化のない生活に退屈し若者が村を捨てて出て行くといったストーリーだが。以下原詩の訳と思われる歌詞

 

ぼくの村は丘の上に
眠る老人のように横たわっている
退屈と無気力と何もないこと
それがこの村の病気だ
ぼくの村よ、ぼくは出ていく

ケ・サラ、ケ・サラ、ケ・サラ
ぼくの人生がどうなるか誰もわからない
何だってできるか、何もできないか
明日になればそれもわかる
そしてなるようにしかならないさ

愛する人よ、きみの唇にくちづけよう
それはぼくの初恋だった
きみとまた会うことを約束するけど
いつ、どこでとは言えない
わかっているのはぼくが戻ることだけだ

ケ・サラ、ケ・サラ、ケ・サラ
ぼくの人生がどうなるか誰もわからない
ぼくはギターを持って出かける
そして夜に泣きたくなったら
村の葬いの歌でも弾くことにしよう

友達もほとんど出ていってしまった
残ってる連中もぼくの後に続くだろう
悲しいね、だってとても良い仲間だったんだから
でもすべては過ぎ去り
すべては消えてしまうんだ

 

(イタリア・サンレモ、モナコ・ニースと隣接する小さな町)

 

それが、どういうわけか反戦・革命の歌へ・日本語で歌われている不思議。

 

 

1.押さえ切れない怒り
  こらえ切れない悲しみ
  そんなことのくり返しだけど
  決して負けはしないさ
  ケ・サラ ケ・サラ ケ・サラ
   僕たちの人生は
   平和と自由もとめて
   生きてゆけばいいのさ

2.泣きはらした夜
  迎える朝のまぶしさ
  涙の乾くときはないけど
  決して倒れはしないさ
  (くりかえし)

3.いつも思い出すのさ
  自由のために死を選んだ
  グェン・バンチョイ ジョー・ヒル
  ビクトル・ハラを
  決して忘れはしないさ
  (くりかえし)

4.広く高く大きく 
  明日に向かって力強く
  人間のやさしさをうたえ うたえ 
  うたえ うたえ うたえ
   うたえ うたえ うたえ 
   人間のやさしさをうたえ うたえ

 

**グェン・バンチョイ ジョー・ヒル、 ビクトル・ハラは、れっきとした革命家であり数多くの迫害を受けた。・・原曲の歌詞とは、関係性は皆無。

 


青い影 ヒッピー、ドラッグの時代の麻薬中毒の彼女の歌

JUGEMテーマ:お気に入り
JUGEMテーマ:No Music, No Life
 

青い影  プロコル・ハルム

この曲の歌詞のいみが、よくわからなかった。船酔いした2人のカップルの幻想話なのか・・・それはともかく、電子オルガンで何度か弾いた曲です。曲の雰囲気ががいいと思っていたら「ヒッピー、ドラッグの時代、麻薬中毒の彼女の顔 色が失せていく様子を「青い影」と表現しています。二人して麻薬 におぼれ,深い海の底にしずもう。つらい曲です。泣きながら聞い ています。」というコメントを見つけて納得。しかし、こんな意味なのかと少しガッカリ。

http://www.youtube.com/watch?v=W2J8zZrRqME

 
【原詩とプロコル・ハルムの歌】

http://www.youtube.com/watch?v=PbWULu5_nXI&feature=related

We skipped the light fandango
turned cartwheels 'cross the floor
I was feeling kinda seasick
but the crowd called out for more
The room was humming harder
as the ceiling flew away
When we called out for another drink
the waiter brought a tray


軽いファンダンゴ(スペイン南米の陽気な踊り)でスキップしたら
カートを押してフロアの向こうへ行かせてしまった
ちょっと船に酔ってるんだ
でももっとやれとみんな言っている
天井が高くなって
部屋がうるさくなってきた感じ
もう一杯頼んだら
ウエイターがトレイを持ってきた


And so it was that later
as the miller told his tale
that her face, at first just ghostly,
turned a whiter shade of pale


えらく時間がたってしまった
男が打ち明け話を延々としせいで
彼女の顔色は最初は幽霊みたいだったんが
だんだん悪くなって来た


(間奏)


She said, 'There is no reason
and the truth is plain to see.'
But I wandered through my playing cards
and would not let her be
one of sixteen vestal virgins
who were leaving for the coast
and although my eyes were open
they might have just as well've been closed


彼女は言う「訳がわからないけど
真実は火を見るように明らかよ」
でもトランプをする手を休んで
彼女をひきとめる
海へ向かう16人のヴェスタの処女の
ように彼女をさせるわけにはいけない
でも目は開いているのに
半分寝ているみたいな感じがしている

以下・・・意味のよくわからない歌詞が続くが、ドラッグによる陶酔状態か・・もう少し、意味深い歌詞であってほしかった残念・・


えらく時間がたってしまった
男が打ち明け話を延々としせいで
彼女の顔色は最初は幽霊みたいだったんが
だんだん悪くなって来た

 

彼女は「上陸許可が出ているの」なんて言ってるけど
実際は海の上なのに
だから彼女を鏡のところまで連れて行って
無理やりそうだと言わせた
「君はネプチューンを背中に乗せた
人魚なんだぞ」と言いながら
でも彼女は悲しげにボクを見ている
だからボクの怒りは失せてしまった




ポール・マッカートニーが泣いたライブ・・The long and winding road

JUGEMテーマ:ROCK
JUGEMテーマ:芸能情報、テレビ・音楽ニュース
 

ポール・マッカートニーが泣いたライブ・・The long and winding road

 

ロング・アンド・ワインディング・ロード  
ポール・マッカートニージョン・レノン作詞作曲

山本 安見 日本語訳

ポールが泣いたライブとは・・・
http://www.youtube.com/watch?v=YfQXkrwnaUI&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=bSSBl8ISQBs&feature=related

you tubeは、どうなるのか著作権・?

Back in the U.S 2002. Paul is singing little lousy 'cause he starts to cry. But hey, Paul is Paul!








The long and winding road that leads to your door
will never disappear
I've seen that road before
It always leads me here
Leads me to your door

きみの扉へとつづく 長く曲がりくねった道
それは 決して消えることなく
いつも ぼくの目の前に現れて
ここへと 僕を導いてくれる
君の住む家の扉へと・・・

The wild and windy night  that the rain washed away
Has left a pool of tears
crying for the day
Why leave me standing here
Let me know the way
 

雨がきれいに洗い去っていった 風の強いワイルドな夜
涙をいっぱいためた笑い声は
明るい陽ざしを求めて泣き叫ぶ
なぜ ぼくをここに立たせておくの?
どうか 道を教えておくれ

Many times I've been alone and many times I've cried
Anyway you'll never know (Anyway you'll always know)
the many ways I've tried

孤独な時も 何度かあった 泣いた夜も 幾夜かあった
きみには 決してわかりはしないけど
人知れず試みた道も 幾つかあった

But still they lead me back  to the long winding road
You left me standing here a long long time ago
Don't leave me waiting here
lead me to your door

*そうして ぼくが辿り着いた道
それは あの長く曲がりくねった道
ずっと ずっと昔に きみがぼくをひとり残したこの道
ぼくをこうして待たせたままにしないで
きみの扉へと どうか導いておくれ



ポールが生涯愛した続けた女性の死
http://www.thebeatles.co.jp/contents/linda_news/current42.htm



calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM