<< 原発危機認識の甘さが復興遅延、国民の苦痛を増大させる12兆円の税収不足か | main | 悪質70人以上の少女にわいせつ行為・小平市立上水中学・栗本裕司(56) >>

路上で3度もキス西山英彦原子力安全保安院・週に3回不倫デートかふざけるな!!

JUGEMテーマ:ニュース
 
路上で3度もキス西山英彦原子力安全保安院・週に3回不倫デートかふざけるな!!

 

道理で、福島原発爆発汚染事故の記者会見で、他人事のように、そらぞらしく情況説明していると感じたのは、私だけだろうか。あの時も、この男は、不倫デートの考えていたのだろう。

 

なんの役にも立たない、原子力安全・保安院の税金泥棒のこんな男が、1500万円以上の給料を貰っていたと思うと、本当に腹立たしい。この非常時に、週に3回も不倫で愛を確かめ合っていたとは・・・・今も、避難生活を余儀なくされている福島県民の皆様、原発周辺でご遺体捜索を続けられている、警察官、自衛隊員、地区の消防隊員の方々にとっては、怒り爆発だろう。

 

本当に許せない。西山英彦原子力安全保安院、恥を知れ。役職を辞退すべきだろう恥知らずが・・・・。

 

あの時、そして現時点でも福島県民の皆様は、隠蔽悪者の東電と政権亡者の菅直人ら、政府に情報操作され、内部被爆刺された方、放射能汚染のため我が家にも戻れなかった方が多数いるというのに・・・・。

 

この男は、西山英彦(54)は、よくもまあ、不倫デートを週3回も続けていたものだ。これが、原子力安全・保安院のスポークスマンとして、連日会見を行っている審議官とは、笑わせるというか、人をばかにするのにもほどがある。相手は、20代後半の経済産業省の20代後半の女性職員だと報道されている。

 

以下、参照のため産経新聞より引用

 

 同誌(週刊新潮)によると、西山氏は今月17日夜、都内の高級ホテルのバーで、20代後半とみられる和風美人の経産省職員とデート。帰りに一緒に散歩をする間に、女性の腰に手をかけるなどして、節電で暗がりとなった路上では3度もキスをしたという。

 

 西山氏には妻と1男1女がいるが、部下だった女性の悩みの相談を受けるうちに、約1年前から親密に。週に数回、都内のバーで飲食したり、カラオケボックスのVIPルームで愛を確かめ合うのが“お約束”だったと報じている。同誌の取材に、西山氏は「肉体関係はない」と話している。

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM