<< 東京オリンピック滝川クリステル30億円の現金が落し物として警察に届けられる驚きの東京 | main | 年末ジャンボ7億円へ当たる確率はゼロ%で買う人は、バカなのか >>

三鷹市ストーカ高校女子殺害前にわいせつ画像拡散の悪質池永チャールズ・トーマス(21)

JUGEMテーマ:学校のこと
 

三鷹市ストーカ高校女子殺害前にわいせつ画像拡散の悪質池永チャールズ・トーマス(21)


しかし、これほど身勝手で残忍で卑劣な男も珍しい。その悪質極まりない男の名は、池永チヤールズ・トーマス
(21)

女優志望だった高校生鈴木沙彩さん(18)を鈴木さん自宅前の玄関で腹部を刺す、さらに道路に逃げて助けを求める鈴木さんの腹部、首をめった刺し、殺害。時刻は午後450分前後だといわれている。


その後、逃走途中で、ネット掲示板に殺害動機を書き込む異常性。

「被害者。無差別ではありません。恨みありました。」と書き込み自己正当化。逃走中の90分の間に2ch×2、まちBBS×1の計3ヵ所にxvideosURLを投稿し、世間に拡散させようとした。まちBBSに投稿したのは逮捕1分前。

結論から言って、この男は、厳罰と言うより極刑に処すべきだろう。以下、鈴木さんと池永チヤールス・トーマスとのかかわり


    2011
10月前後 フェイスブックで知り合う。

201112月前後 京都と東京の間の交際が始まる。池永は、
    大学生などと嘘を言い交際する。

2012年 9月前後 鈴木さんが勉強の都合で会えないと別れ話を切り
          出す。そ
して二人の関係は、破局。

2012年 9月   失恋に衝撃を受けた池永は、友人のつてを頼り、
          海外へ出国。

201211月前後 帰国後、復縁をせまるが拒否される。その後も、復縁を迫る嫌がらせメールを頻発に送りつける。

        「会わないと死んでやる。」「写真を送れ。送らないと死んでやる。」

2013年 4月 執拗な池永トーマスの要求に応じて 京都まで会いに行く。

2013年 6月 池永からの着信拒否を設定する。
鈴木さん誕生日622

        池永は、連絡がとれなくなり、共通の友人に

「殺してやる」「復習してやる」などのメールを送りつける。

 20137月下旬 動画共有サイトのアカウント作成
         
(ネットワーク使用権利取得)

 2013927日 池永 京都からバス上京。同月28日 包丁購入。

 2013102日 池永、鈴木さんのわいせつ画像投稿

 2013106日 ツィツターでアカウント作成。わいせつ画像の
          
URLを拡散

          さらに2ちゃんねるの複数のスレッドを立ち上げ、
          同URLを拡散

 2013108日 午後450分前後、鈴木さんを殺害。

         午後631分 池永を逮捕1分前までまちBBSなどに  わいつせビデオURL投稿する。






 

一口で言って、池永チャールズ・トーマス悪質と異常性の度合いが
突出している。

素性がはっきりしない人物との関わりあいは、注意が必要である。
特に未成年の女の子によるスマートフォンの利用
は、最大限の注意が必要になる。メールとか、フェイスブック、ラインの利用は、要注意だろう。

 鈴木さんのご両親のコメントには、厳しく育てたとあるが、親の目の届かないところで取り返しのつかないような事件に発展する要因が生まれつつあった点を教訓にすべきである。
 それにしても、池永トーマスの身勝手さ、行為は卑劣すぎる。ヤクザより始末に悪い。様々な脅しと恫喝を行い鈴木さんに各種の画像を送信させた可能性が高い。親にもばらすとか、鈴木さんの複数の友人にライン等をつかい画像をばらす等の脅しぐらいは、平気にやりそうな屑・ゴミのような男の可能性が高い。
 
池永チャールズ・トーマスにとっては、これだけの美人の女の子は、一生であえないだろう。この男にとっては、池永さんの交際が人生の全てであっただろう。しかし池永は、鈴木さんを自分の所有物のように考えていた。遅ればせながらこの男の危険な素質に気づいた鈴木さんは、必死で池永から逃れようとしたが、最悪の結果になってしまった。

 そもそも、TL(スマートホン系)の利用料金は、余りにも高すぎる。1万円以上は確実にかかる。ソクトバンクをはじめ、大手三社の独占市場で、利用者にとって圧倒的に不利なパケット通信料金体系を構築する狡猾さに利用者は、気づくべきだろう。


A
何とか定額に入れば、月額7500円前後でネットは使い放題+電話代+保険料等OPで電話を普通に使えば1万2000円以上はかるく越えるだろう。

B それ意外な人は、ネットを使えば、あっという間に10万円以上いくなど、店頭でえらそうな説明をする販売員。こんな詐欺的トリック商売に騙されたくない。

Aは、理論的に 100万円分使っても 月額 7500円で安上がり・・そんなバカな!!!

Bは、ちょっと使いすぎると10万円以上かかり、理論上は
 月額
100万円以上請求される可能性も出で来る。

簡潔に言えば、Aでは、仮に多数の平均的個人が20万円使ったとすれば、携帯会社は大損するはずである。それが大損するどころか大幅な利益を上げている。

資産の長者番付日本第2位のソフトバンクの孫某氏は、7700億円も稼いでいることからぼろ儲けの上、連日のテレビコマーシャルの大余裕。理論上、webに一旦接続すれば、パケットの概念は無意味になる。このような不当な料金体系がいつまでも存続する限り、利用者は、泣かされ続けるだろう。

 
話が、事件と横道にそれてしまいましたが、要は、バカ高いスマフォなど持ったために
今回のような殺人事件だけではなく、わいせつ画像ながされるなど、大きな危険を腹んでいる携帯電話の所持には、大変な危険性があることを十分に認識すべきだ。携帯電話が普及していない30年前、携帯が無くて不自由を感じたことは一度もなかった。

スマフォや携帯の恐ろしさは、最悪の場合、交際相手を監視することが可能な点だ。「メールを送信してから10分以内に返事をよこせ」と交際相手を脅す例も枚挙に暇が無い。メールや着信拒否設定に下途端
相手への憎悪が起きる危険もある。どちらにしても、素性のよくわからない人間にメールアドレスなど絶対に教えないことだ。

最後に、鈴木さん事件で言えば、20136月時点で、「殺してやる」「復習してやる」で迷わず110番通報して事件化することである。

 事件化すると同時に、犯人が逮捕されるまで身を隠すことも必要である。自分が危険な状況にあることを多数の人に知らせることも必要である。防犯カメラの設置とともに、近所の人や、親戚等に助けを求めることも必要になる。多数の目で、女の子の安全を守り抜くという最善の選択肢があることを忘れて欲しくない。

警察を過信してはいけない。桶川の女子大生殺害事件等、ヤクザまがいの、女の子を所有物としかみない屑男にひかかれば、命まで奪われることは十分考えられることだ。


コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM